来年狙うのはこれ!小学館の学習雑誌『小学一年生』モデル☆

来年狙うのはこれ!小学館の学習雑誌『小学一年生』モデル☆
悩める人
『小学一年生』のモデルに興味があるんだけど、どうやったらなれるのかしら?

 

今回はこの件について考えて行きましょう。

 

【もくじ】

・小学館の学習雑誌『小学一年生』とは?

・『小学一年生』に有名モデルはいるの?

・オーディションに受かりやすい2つの共通点をお教えします。

㊙「小学一年生」モデルの裏情報

 

アミューズの「全県全員オーディション」がダメだったのを少し引きずっているともえです。(笑)

 

でも、ずっと引きずってなんていられない!まだまだオーディション頑張りますよ!!

 

今回は来年の話ですが、次男が年長になったら受けようと密かに狙っている小学館の「小学一年生」モデルについて書きたいと思います☆

 

 

小学館の学習雑誌『小学一年生』とは?

 

小学館の学習雑誌『小学一年生』は創刊から90年以上の歴史があります。

 

小学館の学習雑誌『小学一年生』は、「ふしぎ!」「どうして?」にこたえ、子供の知識を広げ、好奇心を育む雑誌。

 

写真やイラストを使った科学記事や、実験、工作、料理、スポーツなどの体験記事もたくさん載っています。

 

家庭での学習習慣をつけるのに最適な、1日1枚・1か月32ページの「こくご・さんすう まいにちドリル」があり、みんなに人気のキャラクター、ドラえもんが勉強をサポートしてくれます。

 

 

「小学一年生」モデルとは?

 

小学館の学習雑誌『小学一年生』誌面で活躍するモデルです。

 

応募できるのは、その年に小学一年生になる男女。(今回だったら2019年度に小学一年生になる男女)

 

オーディションに合格した子は、小学館の学習雑誌『小学一年生』の誌面で1年間、プロのモデルとして活躍することが出来ます。

 

<オーディションの内容は?>

 

・一次審査は書類審査。応募用紙に必要事項を書き、写真を2枚(顔・全身)を貼って郵送します。

・書類審査に合格すると、本社で行われるオーディションに参加。オーディションの内容は、プレイングタイム・モデル体験(カメラテスト)・面接の3つ。

・合格者は男女10名ずつ。選ばれたら1年間「小学一年生」モデルとして活躍できます!

 

 

では、オーディション内容を詳しく説明します。

プレイングタイム

 

「小学一年生」の付録で遊んだり、クイズに挑戦など遊びが中心となります。

 

モデル体験(カメラテスト)

 

プロのスタッフが撮影、ヘアメークをして撮影を行います。

 

ランドセルも背負って撮影。撮った写真は、後日1枚プレゼントしてくれるそうです。

 

面接

 

自分の思いをすべて話す場所です。緊張せず、笑顔で臨みましょう。

 

オーディション内容をみると他のオーディションとさほど変わらない様に思いますね。

 

 

『小学一年生』に有名モデルはいるの?

 

90年以上の歴史がある「小学一年生」。その中で、有名モデルはいるのでしょうか?

 

実は、過去に福原愛さんや、芦田愛菜さんも表紙モデルとして活躍していたんです。これは、選ばれただけでキッズモデルとして相当自信になるんではないでしょうか?

 

 

過去にこれだけ有名な子供を輩出している雑誌に是非自分の子供も載ってほしいですよね?

 

では、次に少しでも合格に近づくための共通点をお話しします。

 

 

オーディションに受かりやすい2つの共通点をお教えします。

 

2017年にオーディションに合格するためにとっても大切なことを編集長がお話しされています。

 

1つ目は「かっこいい」「カワイイ」はもちろん大事だが、一番大切なことは「好奇心」だと述べられいます。

 

つまり、「小学一年生」モデルは触ったり体験することが多いので、それに取り組むときの態度や表情がとても重要になるという事です。

 

確かに、子供の「好奇心」というのは顔に出るというのはよく分かります。うちの子は、初めて触るもの、見るものに目をキラキラさせて大興奮!!これが「好奇心」というものかと感心させられます。

 

 

そして、もう一つは、しっかりとコミュニケーションがとれる事。

 

コミュニケーションがとれる事とはつまり、雑誌の企画を理解し、その時に求められている表情をする事が重要だと編集長は答えています。

 

たしかに、「小学一年生」はモデルがカワイイ・かっこいい洋服を着て写真をとる雑誌ではないですよね。

 

そして、モデルやスタッフみんなで作っていくものなので、その際にコミュニケーションは大変重要です。自分勝手な行動をして、ただ単に企画に乗っかるだけではいけないということだと思います。

 

しっかりとスタッフの一員なんだという意識を持って、モデルという仕事に取り組む姿勢が重要だと思います。

 

 

最後は、ネット上で囁かれている㊙情報をお伝えします。

 

 

㊙「小学一年生」モデルの裏情報

 

本当は出来レース?!

 

ネット上でまことしやかに囁かれている噂があります。それは出来レースではないかという事です。

 

事務所所属の有名子役、親のコネの2世タレントなどがグランプリなどの賞を取っており、一般から決まったように見える子も実はほぼ事務所所属者ではないかというのです。そして、事務所に案件として話が来たという噂もあります。

 

公募と言うより、各事務所のイチオシレースかもしれないというのです(´;ω;`)ウッ…

 

確かに、過去に新山千春さんの娘さんが準グランプリになっていました。

 

これは出来レースなのか?!

 

 

それでも、実際に事務所に所属していなくても合格している人はもちろんいますし、あくまで噂程度に考えておいてよさそうです。

 

どうお感じになるかは人それぞれだと思いますが、私は小学館を信じます(笑)

 

みなさんも、自分の子供を信じましょう♪

 

 

まとめ

 

「小学一年生」モデルは、新一年生しか応募できないため、人生の中で1回しか受けられない貴重なオーディションです!!

 

約3000人の新一年生が応募し、まず100人に絞られます。(倍率30倍)

 

その中でオーディションを受け、最終合格者は男女10名ずつ。(倍率10倍)

 

確かに倍率は高いですが、新一年生しか受けられないため、オーディションの中でもまだ期待が持てるように思います!!

 

一生に一度の「小学一年生」モデル、これは受けるしかないですね☆