セクマイとは?LGBTとの違いは?それぞれの特徴を解説!【友人にLGBTだと打ち明けられた話】

セクマイとは?LGBTとの違いは?それぞれの特徴を解説!【友人にLGBTだと打ち明けられた話】
悩める人
セクマイってよく聞くけど何なのかしら?  

 

今回はこの件について一緒に考えていきましょう。

 

【もくじ】

・セクマイとは?

・セクマイとLGBTの違い

・友人にLGBTだと打ち明けられた話

今回の騒動(LGBT=生産性ない)について私が思った事

 

セクマイとは?

 

セクマイとは「セクシャルマイノリティ(性的少数者)」という言葉の略です。

セクシャルマイノリティといえば、LGBTが有名ですが、その他に「LGBTIQ」「LGBTs」など、性的少数者にはLとGとBとT以外の人たちもいます。

 

たとえば、
インターセックス(I)=身体的に男女の区別がつきにくい人。
アセクシュアル(A)=無性愛者。同性も異性も好きにならない人。
クエスチョニング(Q)=自分の性別や性的指向に確信がもてない人。
このような人もすべて含んだ概念がセクマイなのです。

 

 

セクマイとLGBTの違いとは?

 

先ほどご紹介したように、セクマイは総称です。LGBTなどすべての性的少数者を含みます。

 

一方で、LGBTは、

レズビアン(L)=女同士の同性愛者

ゲイ(G)=男同士の同性愛者
バイセクシャル(B)=男も女も好きな人
トランスジェンダー(T)=自分の性役割と、身体的な性別が一致しない人。

のみを指します。

 

最近では、LGBTがよく報道などで取り上げられるため、耳にする機会が多いですが、その他にもセクシャルマイノリティの人はいるということです。

 

 

友人にLGBTだと打ち明けられた話

 

私の高校は有名な体育科がある公立高校です。

 

その中で、私は体育科に進学しました。男子は30人・女子10人さすが体育科だけあって、女子も男勝りな人が多かったです。というか、男子に女子扱いされてなかった(笑)

 

3年間部活漬けの毎日で、恋愛なんてする暇もなかったです。(その前に部則で禁止されていました)

 

そんな生活の中で、一番仲が良くなった女の子がいて、同じ部活ではなかったですが、3年間同じクラスでした。そして、その人は男子よりもカッコ良く、普通科や商業科の女子からもすごく人気がありました。

 

私も、とても気が合う人だったので、彼女とはいつも一緒にいました。私も一緒にいながら「サバサバして男子よりさわやかな人だなあ」っと思っていました。

 

 

そして、その時は突然おとずれた・・・

 

それから時は流れ、卒業の日。私は彼女からカミングアウトされました。

 

彼女:「実は・・・ウチ性同一性障害なんだ」

私:「えっ・・・体は女で、心は男って事?」

彼:「そうなんだ・・・これから男になるため、ホルモン治療とかするんだ」

 

そう、彼女はトランスジェンダーだったのです。

 

 

その時私が素直に感じた事

 

正直に言うと、全然ビックリしませんでした。

 

実は、体育科の他の友人にバイセクシャルな人がいたし、私の中で偏見がまったくないんです。

 

むしろ、私にこの事を打ち明けてくれて嬉しく思いました。

 

 

今回の騒動(LGBT=生産性ない)について私が思った事

 

先日、新潮45の8月号に自民党議員の杉田水脈さんがLGBT=生産性ないという記事を書いたとして大炎上しています。

 

これについて私はこう感じました。

まず、全文を読んでいない人は全文を読んでほしいと思います。読んでもらったら、私のように少し印象が変わるかもしれません。

でも、生産性がないという発言は機械じゃあるまいし、人に使う言葉ではないと思いました。

 

LGBTの人だって普通の人

 

私はこれまで数人のLGBTの人と出会ってきました。これだけは言えます!!みんな、私たちと何ら変わらない!

むしろ、この方たちの方がよっぽど面白いです。人生経験豊富で、ためになる事いっぱい知ってますからね。

 

 

まとめ

 

私はLGBT、あの人はLGBTとか、そんなのどうだっていいんです。

 

みんな、人生は一度きり!人の意見に左右されないで自分が正しいと思った道を進んで行きましょう。