【うちの子が多動症?】赤ちゃんや幼児がいる方必見!わが子が病院で誤診された話・・・

【うちの子が多動症?】赤ちゃんや幼児がいる方必見!わが子が病院で誤診された話・・・
悩める人
うちの子って多動症なのかしら? 

 

今回はこの件について一緒に考えて行きましょう。

 

【もくじ】

・多動症とは?

・長男が多動症では?と言われたあの日

・あの日からずっと考えている事

今、悩んでいる方に伝えたいこと

 

多動症・・・私が小さい時には「そんな言葉なんて無かったわよ」ってお母さんが言っていた。

 

私も子供を産まなかったら、この言葉とは無縁なんだろうなと思っています。

 

多動症とは?

 

大きな括りとして注意欠陥多動性障害、通称ADHDと呼ばれることがあります。

 

不注意(集中力がない・気が散りやすい)、多動性(じっとしていられない・落ち着きがない)、衝動性 (順番を待てない・考える前に実行してしまう)の3つの要素がみられる発達障害のひとつです。

 

 

長男が多動症では?と言われたあの日

 

あれは長男が5歳くらいだったかな?富山に来て2年くらい経って、今まで行っていた病院を一新して子供に合った良い病院でも探そうかな?と思い、行った病院で起きた事件です。

 

その病院にはすでに、2~3回受診していました。病院は基本的に体調悪い子供が来るからぐったりしている子が多いですよね。

 

長男くんは、下の子の受診についてきているだけだから元気モリモリ!

 

診察室に入ってもベットの上に乗ったり下りたり、ソワソワしたり、診察室にある触っちゃいけないものを触ったり・・・

 

そしたら先生が・・・

先生:「ちょっと出てるよね?」

私:「え⁈」

先生:「多動気味だよね?」

私:「はぁ?保育園でもそんな事言われたことないです。」

先生:「そうなんだ・・・いつでも紹介できるから言ってね」

私:「はい・・・」

 

下の子の診察に来たのに・・・

 

多動気味ってなに?

 

ここで初めて、多動をいう言葉を聞きました。まさに青天の霹靂・・・

 

とりあえず、旦那に電話で相談・・・

 

私:「長男くん、多動とか言われたんだけど!」

旦那:「俺も小さい時から落ち着きなかったよ(笑)」

私:「私もだ!男の子よりも活発だったって言われたよ」

旦那:「落ち着きがない人と活発な人の間に生まれる子が大人しいわけないじゃん(笑)」

私:「そうだよね・・・」

旦那:「そうだよ。じゃあね・・・」

 

ん~旦那に言われてもモヤモヤする!!

 

とりあえず、ネットで調べまくりました。

 

それから旦那の両親に相談したり、自分の両親に相談したり・・・

 

でも、みんな言うのは「子供なんて特に男の子はそんなもんでしょ!」でした。

 

結局、専門機関に相談するかを決めるのは親です。

 

そんな中、調べながらモヤモヤしていても下の子が熱を出せば、「多動」と言われた病院に行くことになります。

 

でも、不思議なことに言われたあの日から何回も下の子の風邪などで受診しても、長男くんの多動の事は一切言われませんでした。

 

「多動の事はなんだったの?」

 

「先生、言った事忘れてるのかな?」

 

私から、多動の話をすればよかったんですが、実際怖かったんです!!

 

これで、専門機関に受診して正式に「ADHD」と診断されるなんて今の私はとても受け入れられませんでした。

 

だから、あの日以来言われないのはホッとしているけど、その反面ずっと気にしないといけなくなりました。

 

 

あの日からずっと考えている事

 

さっきの文章の最後に書きましたが、あの日からずっと「多動」について考えて続けています。

 

今は小学2年になりましたが、学校から問題を起こしたと電話は特にありませんが、たまにふざけて椅子上に乗って怒られたり(1回)したくらいです。

 

でも、懇談会の時に先生から「自分が落としたエンピツや消しゴムをなかなか拾えない」、「整理整頓が苦手のようです」と言われました。

 

これをADHDという人もいるかもしれませんが、私は小学2年の男子が整理整頓がきちんと出来ていて、身の回りが綺麗だったらちょっと・・・まあ、出来ているのに越したことはないんですが、もうちょっとガサツでもいいかなとも思ってます(笑)

 

あの日からずっと考えていると言いましたが実は、長男くんが小学1年の夏「多動」発言をした先生に意を決して聞いたんです!!

私:「先生、長男くんのこと多動気味って言ったこと覚えてますか?」

先生:「覚えてるよ。」

私:「あの日以降、先生何も仰ってくれませんが・・・」

先生:「保育園で何も言われてないって事だったから大丈夫じゃないかなと思って」

私:「ん⁈じゃあ、結局多動じゃないって事ですか?」

先生:「大丈夫じゃない?」

 

 

悩んでた時間返してくれるかな?(怒)

 

医者であるあなたの発言のせいで、これから先もちょっとしたことで「ひょっとしたら多動かも」って考えちゃうんだよ!!

 

 

今、悩んでいる方に伝えたいこと

 

本当の多動症の人は学校に通えなかったり、仕事が出来ないそうです。

 

しかも、日本人の罹患率は3~5%だそうです。

 

これ以上は専門家じゃないので具体的な事は言えませんが、ここで一つ紹介したい動画があります。

この動画で詳しく言っていますので、見て下さい。

 

わたしも、この動画で勉強させて頂きました。

 

まとめ

 

皆さんも、数回しか言った事が無い病院で言われた事を鵜呑みにしないで、正しい知識を身につけましょう。

 

分かっていれば、私のように医者の言葉で悩むようなことはありません。

 

しかし、発達障害って・・・名前変えてくれないかな?

 

「みんなちがって、みんないい」じゃダメですか?

 

「個性」じゃダメですか?