【たったこれだけ】引っ越しを繰り返して習得した断捨離のコツ3つ教えます。

【たったこれだけ】引っ越しを繰り返して習得した断捨離のコツ3つ教えます。
悩める人
物を増やさない方法って何か無いかしら?

 

今回はこの件についてお話しします。

 

【もくじ】

・片付けが苦手だった若し頃

・転勤族の妻と断捨離

・断捨離の3つのポイント

 

断捨離・・・いきなりパッパッと出来る人いますか?わたしは出来なかったです。(笑)前までは中々踏み切れませんでした。

 

でも、転勤族の妻になり断捨離のコツを覚えてから引っ越すたびに断捨離が楽しくなってきています。

 

今回はそんな私がおススメする断捨離の3つのポイントを最後にお教えします。

 

最初は、私の若し頃のエピソードなんかを読んでみて下さい。

 

断捨離と片付けが苦手だった若し頃

 

断捨離という言葉がまだ定着していなかった高校時代。私は部活一筋で片付けなんてしようとも思いませんでした。

 

でも自分ルールみたいなのがあって、それなりにどこになにがあるとか把握してました。多分、他の人が見たら全然わからないと思います(笑)

 

そして、部活の合宿から帰ってきて自分ルールで片付けをして数日が経ったある日・・・

 

部屋が臭い!!

 

何か・・・臭い!!

 

原因を突き止めないと(汗)

 

どうやら、合宿で持って行ったバックから臭うようだ・・・

 

クンクン・・・クサッ!!

 

勢いよくバックを開けた。

 

そこには、初日に持って行ったおにぎりが入っていた。

 

 

しかも初日に持って行ったおにぎりって!!どんだけ片付けできないの自分(笑)

 

それにキレた私は、ついでにいらない物も全部捨てましたとさ。(初断捨離?)

 

こんな経験をしながらも、転勤族の妻になり子供も生まれ、ついでに私も生まれ変わった。

 

 

転勤族の妻と断捨離

 

転勤族で一番大変なのは引っ越しです。引越しで一番大変なのは荷造りです!!それを少しでも楽にするにはどうしたら良いか?

 

それは物に執着しないこと。すなわち断捨離です!!

 

私が転勤の際に行っていたことはまず「いるもの」「いらないもの」に分けました。

 

そして、旦那や子供のものを捨てる時は私の意見で決める。私が捨てると言ったら捨てる事にしたんです(究極)

 

そしたら、自分のペースで出来るしポイポイ捨てられるし引っ越しも苦じゃなくなりました。

 

今では、次の引っ越しで捨てるものもすでに決まっています(笑)

 

下ではさらに詳しくお伝えします。

 

 

断捨離の3つのポイント

 

子供の幼稚園・小学校から持ち帰ってきた作品は写真をとってパソコンに保管し、現物は捨てる

 

これ、取ってあって満足してるの親だけね(笑)写真で十分!!現物じゃなきゃだめな理由なんて無いでしょ!って事で我が家は写真にとってすべてパソコンに保管してあります。

 

引越しの時に作品をわざわざ段ボールに詰めなくて良いし、「作品が壊れるかも」なんて心配しなくて良いですから♪

 

いつか使うかもと思っているものは使わない

 

これ、使うと思っているの自分だけね(笑)

 

いつか使う=使わない これは引っ越しを繰り返してきて思いました。

 

前、引っ越しの時に荷造りした段ボールが開いていなく(正確には忘れていた段ボール)を次の引っ越しの荷造りの時に見つけて、中身も見ないで捨てました(笑)

 

だって、開けてなくて困らなかったって事は使わないものだもん!!

 

 

もったいないという気持ちごと捨てる

 

もったいない・・・あんまり私の中にはありません(笑)

 

だって、子供がいる生活の中でいつ落とすかわからない、壊すかわからない中でもったいないなんて言ってられません!!

 

それは、物を粗末に扱うという事ではなく、子供が壊しても「大丈夫だよ。」とそんな事で怒りたくないから、もったいないなんて思わないという事です。

 

なかなか、割り切れない人もいると思いますが、もったいないという気持ちを一度捨ててみましょう。

 

 

まとめ

 

断捨離をしたくて迷っている人は上記の3つのポイントを参考にしてみて下さい。

必要最低限のものさえあれば十分!!きっとそう思うはずです♪