パブロとブルーノから学ぶ「労働収入と権利収入」注:アムウェイとは関係ありません。

パブロとブルーノから学ぶ「労働収入と権利収入」注:アムウェイとは関係ありません。
先日、ブログを書くのに「面白いネタないかな?」と探していたら、YouTubeで「労働収入と権利収入」の事をパブロとブルーノという2人の青年に例え、わかりやすくした動画があったので紹介します。

あらすじ

パブロとブルーノという成功者になりたい二人の青年がいました。

あるとき、水不足で困ってる村の村長が山の麓にある泉から村へと水を運ぶ仕事を募集しました。

それを見た2人は水を運べば運ぶほど稼げるという内容だったので応募して、仕事にすることにしました。

最初は順調にお金が増えていったのですが、パブロは何か楽をして水を運べないかと考えました。

そこで思いついたのが水道のパイプラインをつくって自動的に水を送る仕組みを作る事だったのです。

パブロはこれをブルーノに提案しましたが、ブルーノは拒否しました。

パイプラインをつくるには時間がかかるし、収入も確保しないといけないため日中は働き、休みの日にパイプラインを作らなければならなかったからです。

その後二人は別行動をとり、パブロはパイプラインを作るもなかなか先に進まず周りからバカにされます。

一方ブルーノは着実にお金を手に入れ、欲しいものも手に入り順風満帆でした。

しかし、ブルーノは毎日水を運ぶという労働をしていたため体力の限界がきました。水も前より持てなくなってしまったのです。

一方パブロは働きながらパイプラインを2年かけて作り上げたのです。そのパイプを通って水は村まで運ばれて行きました。もう、重い水を運ばなくても良くなりました。

パブロは水が流れ続ける限り、仕事をしていない時でも・寝ている時でも・食事をしている時でも財布にはお金が流れ続けるようになったのです。

おしまい

 

もうちょっとわかりやすく説明・・・

 

ブルーノ→目先の収入にとらわれて、時間を切り売りする働き方「労働収入」

 

パブロ→仕組みを作ることで自分が動かなくても収入を得ることが出来る働き方「権利収入」

 

現代版ブルーノとパブロ

 

ブルーノ→サラリーマン

 

パブロ→私たちアフィリエイターやブログを書いている人

 

アフィリエイターは現代版パブロ

 

パブロは水道のパイプラインを作り、その権利収入で水が流れ続ける限り、仕事をしていない時でも・寝ている時でも・食事をしている時でも財布にはお金が流れ続けるようになりました。

 

同様にアフィリエイターもブログを作ることでアクセスを集める仕組みを作り、仕事をしていない時でも・寝ている時でも・食事をしている時でも財布にはお金が流れ続けるようになる。まさに現代版パブロなのです。

 

まとめ

 

あなたもブログという名のパイプラインを作り、現代版パブロになりましょう!!