実働250時間で儲けは58円・・・ネット副業は本当に失敗するのか?

実働250時間で儲けは58円・・・ネット副業は本当に失敗するのか?

今日は昨日発売された日刊SPA!について私の考えを書きたいと思います。

 

 

 

実働250時間で儲けは58円・・・ネット副業は失敗する人のほうが多い

「インターネットで稼ぐのは当たり前の時代」といえど、勝者はほんの一握りといわれる。そこで大多数の負け組たちが、ネット副業の地獄をとくと語った

収益ゼロと重労働に心折れ、早々にサイトを閉鎖

「好きなテーマだし、苦にならない自信はあったんですが、そういう問題じゃなかった」

ウェブデザイナーの坂口恭也さん(仮名・37歳)はそう言って肩を落とす。彼が思いついたのは、趣味のクラフトビールのポータルサイト運営だった。クラフトビールのレビューや店紹介、コラムなどを配信し、広告やアフィリエイト収益に繋がると考えたのだ。セミナーに通い、ノウハウを学んだ後、独自ドメインまで取るほど気合いを入れてスタートさせた坂口さんだったが、問題はその後。

少しでもサイトを上位に表示させるため、Googleで上位のライバルサイトを検索・分析し、勝てるよう既存の記事のリライト作業も週に一回は行ったのだが……。

「しんどい割にはたいして効果がない。そもそも、クラフトビールなんて書かれていることはどこも似通っている。だからこそサイトの個性が重要だったのですが、SEOから外れるのを恐れて当たり障りのない記事しか書けなかった。新規の記事追加と並行させると作業が手に負えなくなり、次第に更新しなくなっていきました」

それでも毎月ドメイン代、サーバー代がかかるため、一年もたたずに閉鎖。実働のべ250時間で収益は58円。徒労感だけが残った。

「もうビールを見るだけで吐き気がする。好きなことが収益に繋がる人はラッキーですね」と、語る坂口さんだった。

出典:日刊SPA

 

本当にアフィリエイターは稼ぐことは出来ないのか?

好きなことが収益につながるのは偶然なのか?

 

では次に、アフィリエイターの皆さんは記事を読んでこう話しています。

 

・これがブロガーやアフィリエイターを諦めさせる作戦だったら凄い!

・250時間で稼げる方が珍しいのでは・・・時給でしか考えられないならバイトしていた方が良い!

・250時間で辞めてしまうなんて・・・そのサイトがほしい。

 

など、色々な意見が書いてありました。皆さんが共通していることは、

 

ここからだったのに勿体ないという事です。

 

よく考えてください・・・1日3時間働いたとして250時間って 250÷3=83.33・・・

だいたい3ヶ月くらいしかやっていないんです。

 

私が今まで書いたブログを見ればわかると思いますが、ブログ・メルマガアフィリエイトは半年や1年かけるとそれに見合った売り上げがあると、3ヶ月程度ではまだまだやった内に入りません。今はまだ信頼を構築する時期だったんです。これからお客さんがあなたを信頼して、固定客が増えるところだったのに見切ってしまった。本当にもったいないですね。

お金を稼いでいる事を実感したいのであれば、セドリや転売が向いてます。

参考:アフィリエイトの欠点とは?広告主にもデメリットはあるの?

 

この方はアフィリエイトとしてやってはいけない事をして、最終的には閉鎖してしまったんです。

 

時給マインドを一度捨てて、まずは1年間やってみましょう。

 

このような記事に惑わされることなく、皆さんが日々時間をかけて勉強していること、先輩アフィリエイターさんを参考にして、お客さんに役立つ情報を発信していきましょう。